上田桃子のピラティスについて

上田桃子のピラティスについて
熱心にゴルフの練習をしているにもかかわらず、スコアが伸びずにスランプに陥っているゴルファーがたくさんいます。そんな悩めるゴルファーにおすすめなのが、インナーマッスルを鍛えるエクササイズであるピラティスです。ピラティスは、ドイツで開発されたリハビリ目的のエクササイズ方法です。

独特の呼吸法を葛生しながら、体幹を鍛え、インナーマッスルを強化していきます。体のゆがみや無意識におこなっている悪いくせなどをピラティスで矯正することで、体幹が安定します。(⇒参考はこちら

プロゴルファーでピラティスを取り入れている選手は多数存在し、上田桃子選手もピラティスで股関節や骨盤周りを調整して、筋肉のアンバランスさを改善するトレーニングをしています。

ピラティスのエクササイズは、スポーツジムの器具のような一部に負荷をかけるタイプの運動ではありません。身体が持つ能力を十分に発揮するためのトレーニングになっており、ゴルファーのスコア改善が期待できます。

ピラティスのエクササイズは負荷が少なめで、年齢や健康状態に関係なく、誰にでも安心して行なうことが出来ます。健康な脊柱を取り戻し、現代の生活様式で生まれる肩こりや腰痛症などを根本から改善し、ゴルフのスコアアップが狙えます。